交通事故で後続車両に追突されたことが原因でむちうちになってしまった場合、放置しても自然に治るのでしょうか?通院する場合、どこで治療をすればいいでしょうか?仕事は休む必要があるのでしょうか?

当記事では、むちうちの主な症状について、また、交通事故直後からどのように手続きを進めていいかを学んでいきましょう。

事故直後は、痛みを感じなくてもまずは整形外科へ!

負傷した直後の人間は「興奮状態」にあるので、負傷をしていても痛みや不調を感じない場合があります。特にむちうちの場合は、(比較的に軽傷といえる)頸椎捻挫から神経や脳などに大きなダメージを負っている可能性もあります

手続きが一段落した段階で、急に首の痛みや違和感を訴えても、交通事故との因果関係を疑われる可能性がありますので、注意が必要です。

事故直後は、痛くなくても病院に駆け込み、医師に交通事故で負傷したかもしれないことを説明した上で、診断してもらいましょう

整形外科に駆け込む理由

「最初から整骨院に行ったらダメなの?」と思う方もいるかもしれませんが、「レントゲンやMRI等の検査」や「診断書の作成」は整形外科のみで可能となるので、最初は必ず整形外科で受診しましょう

ただ、整形外科では診療時間が限られているので、通院が難しい場合は、医師に相談して自宅や職場近くの整骨院・接骨院に通いたいことをカルテに記入してもらいましょう。

頸椎捻挫は、軽い症状なら治療期間は短期で治癒が可能

交通事故によって起こるむちうちの多くは「頚椎捻挫」あるいは「頸部挫傷」というものです。手足の捻挫と同様、まずは湿布などで冷やすことで痛みを緩和し、炎症を抑えます。ダメージを受け腫れ上がった筋肉を冷やし、安静にすることが大切です。捻挫の治療は、自然治癒を助ける治療が基本です。

炎症が治まったら、固まった首の筋肉をほぐして、機能を回復させるためのリハビリを行います。整形外科では首のけん引や温熱療法が中心となり、整骨院・接骨院では、血流を促すために電気を流したり、マッサージを行ったりします。このような治療を続けていくと、軽い「頸椎捻挫」であれば、平均して3ヶ月程度で治癒するケースが多いです

治療計画は、事前に保険会社の担当者に相談する

むちうちの治療で整骨院・接骨院に通院する場合でも、自賠責保険は適用されます。しかし、ただ保険会社によっては、報告せずに病院から整骨院・接骨院に転院すると、保険金が支払われない可能性もあります。

治療を受ける方は、まず専門家へ相談

むちうちの治療について、何から始めればいいのかわからない場合は、専門家に電話で相談するのが一番の近道です!

身体の調子が良くない場合は、お気軽にお電話下さい。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com