交通事故で腰が痛いのはなぜでしょうか。

その原因と仕組みを説明します。

交通事故による腰痛の原因

交通事故での腰痛はかなりの確率で発症します。

原因は事故での強い衝撃で腰の関節に負担がかかり痛みが発生することに起因します。

事故で急激に腰に負担がかかることを急性腰痛捻挫ともいわれます。
腰を痛めてしまうと普段の仕事や日常生活で大きな影響を及ぼします。

 

交通事故での腰痛の種類

筋肉や関節の炎症

急激に腰に負担がかかると関節や筋肉に炎症が起きます。

動作によって痛みが出ることが多いのと痛みが強いのが特徴です。

レントゲンに出ないことが多い症状の一つです。

炎症反応が終わると今度は筋肉が硬くなってきます。

二次的な症状が出てくるので最初の痛みとは違う痛みになります。

事故が長引くのはこの二次的な痛みが原因のことが多いです。

 

神経性の腰痛

痺れや強い痛みの場合がこの症状が出ます。

痺れの原因は血流障害が多いので周りの血流状況を阻害している筋肉などが原因だったりします。

すぐに専門家に見てもらう症状の一つです。

主に二次的な硬さが原因でこの様な症状が出てくることが多いです。

 

腰痛を放っておくと

腰痛をそのままにしておくと筋肉が固まり繊維化します。

そのことを癒着といいます。

癒着するとストレッチなどでは解決しにくくなるので治療も長引くことが多いです。

なので放っておかないですぐに施術することをお勧めします。

実験では30分継続したストレッチでないと癒着は改善しない

という実験結果が出ています。

なので自分で改善する事は困難です。

 

整骨院匠では

固まってしまう前にグラストンテクニックというものを用いて

筋肉を柔らかくしたり固まった関節や神経の血流状態を改善します。

固まる前に改善しましょう。

グラストンテクニック

 

 

整骨院匠

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895