ふとした瞬間に不意に起こる交通事故。交通事故に遭った場合、どのような治療内容があるのでしょうか?

交通事故に遭った場合、一番多い怪我がむち打ちなどの症状が残るものです。

そもそもむちうちって?

交通事故で一番多い怪我がむちうちです。これは俗称で正式名称は「外傷性頚部症候群」や軽度のものを「頚部捻挫」と言います。

交通事故の衝突時に首が前後に鞭のようにしなることからそう呼ばれています、元々は自動車がある前からあり、「むちひも」と呼ばれていました。乗馬で、馬に鞭を当てた時にびっくりして前に飛び出し、頭が後ろに放り出されて首の痛みが続くことから起こったようです。

では、交通事故で怪我をした場合どういったところにいけば良いのか?

交通事故に遭った場合、症状を改善するための通院治療があります。

通院先には

  • 整形外科
  • 整骨院
  • 接骨院
  • 整体やマッサージ

などがあります。ここからは、それぞれの治療内容はどのような違いがあるか紹介していきます。

医師が治療することころが「整形外科」

交通事故で通院すると考えた時に真っ先に思い浮かぶのが整形外科でしょう。では、整形外科はどんなところでどんな治療をしてくれるのでしょうか?

上記で挙げたところと違う点は、医師が診察する点です。

具体的には整形外科では医師の問診の元、レントゲン撮影や適切な薬剤の処方などがあります。

柔道整復師が施術するところが整骨院、接骨院

柔道整復師とは、捻挫や打撲などの症状に冷罨法、温罨法やマッサージ、物理療法の施術をしていきます。柔道整復師も医師と同じく国家資格が必要です。前記の施術をすることにより、症状を改善していきます。

資格のいらない整体、マッサージ

整体師やマッサージ師は資格が必要なく、店によってのサービスも違く、どのような人がしてくれるかもわかりません。

それぞれどのような時にいけば良いのか?

上記でそれぞれの違いを説明したように、それぞれで内容が変わってきます。

交通事故に遭った場合はまず整形外科でレントゲン撮影など医師に診察してもらい診断書をもらいましょう。そして、骨折などの大きな外傷がある場合は整形外科で治療してもらい、筋肉や関節、神経などの障害は整骨院で施術してもらいましょう。

整体やマッサージは交通事故に遭ってから治療や施術をし、落ち着いてから体調を整えたい時などにいくのが良いでしょう。治療行為ではないので、通っても改善するとは限りません。そして、自賠責保険も適用されないので注意しましょう。

まずは専門家に相談を!

不意に起こる交通事故でどうしたら良いかわからなくなることがあると思います。その際はまずは専門家に相談し、適切な治療や施術をしてもらいましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com