交通事故にあって、様々な怪我をすると思いますが、今回は怪我の中でも多いむちうちの治療期間の延長についてご紹介していきたいと思います。

むちうちの治療期間の基準は?

むちうちの場合、3ヶ月ないし6ヶ月を基準に治療終了を打診されることが多いです。

被害者側としては、まだ痛みなどが残っている状態で打ち切られるのはどうかと思いますが、それを無視して通っていると、そのまま打ち切られてしまい、自費が発生してしまいます。

また、過度に怒りすぎても状況が悪くなるだけです。

では、このような場合はどのような対応をしたら良いのでしょうか?

保険会社からの治療費打ち切り

保険会社は何を基準にして治療費の打ち切りを決めているのでしょうか?

まず保険会社は、毎月の医師からの診断書を見て、最初に提出された同意書を利用し、医師照会といって医師に面談して医学的な質問をしたりします。

こういったことをする一番の理由が「症状固定」時期がいつ頃からなのかを知るためです。

ここで重要なのが「症状固定」という考え方です。

症状固定とは?

症状固定とは、現在の状態で治療を続けていても症状に大幅に改善が見込めない状態を指す医学用語であり、法的にも使われる言葉です。

保険会社への対応方法

保険会社は治療経過を見てきた医師の意見を重視しているので、まず重要なことは医師の意見を確認することです。

保険会社から言われてることを医師に伝え、医師としてはどうなのかということを確認することが重要です。あくまでも医師の医学的判断をするので必ず治療期間が延ばせるということではありませんが、4、5ヶ月目だと半年近くまで伸ばせることも多いようです。

また情報が詳細であれば詳細なほど保険会社側も治療期間を伸ばすような認定をしてくれる可能性が高くなります。

治療期間が延長するとどうなる?

治療期間が延長できた場合、そこまでの治療費もそうですが、慰謝料の点でも変わってきます。

この段階でしっかり通院していると、症状は残ったとしてもあとあと残る症状が軽くなることも多いです。

なので、少しでも長く通院し症状を軽くするためにも、症状固定の打診をされた場合でも、しっかりと冷静に対応していくことが大切です。

まずは専門家に相談を

交通事故の怪我がまだ治っていない時に保険会社から打ち切りを打診された場合、冷静に判断することが難しいこともあるかもしれませんが、まずはしっかり専門家に相談してみましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com