交通事故の慰謝料はいくらもらえるのか?いざ起こってしまった時に困らないために、交通事故の慰謝料はいくらくらいもらえるかを紹介していきます。

交通事故の慰謝料は3種類ある

①入通院費慰謝料

ケガの治療での入院や通院に対して支払われる

②後遺障害慰謝料

完治せず後遺症が残った場合に支払われる

③死亡慰謝料

死亡事故の場合、亡くなった本人と遺族に対して支払われる

交通事故の慰謝料の相場は?

通常、慰謝料の金額は加害者が加入している保険会社や過失割合によって異なりますが、入通院慰謝料は基本的に加害者の保険会社が通院日数などによって決まるが、自分に過失がある場合はその割合分の金額が相殺されます。

1日の相場はいくら?

自賠責基準の入通院慰謝料は1日いくらと決まっていて、その金額が日額4200円です。

そして、下記の2つを比べて数字が少ない方に日額4200円をかけて算出されます。

  • 初診から診察終了までの期間
  • 実際の通院日数の2倍の合計

通院3ヶ月の慰謝料の相場は?

自賠責保険と任意保険の場合、金額が変わってきますが、自賠責保険の場合、3ヶ月(90日)通院してその間30日間病院で治療を行なった場合は、治療を行なった日数の方が少ないので、30日が基準になります。

 

そこで、30の2倍に4200円をかけて、慰謝料は252,000円となります。

 

任意保険の場合は、通院期間のみが基準とされ378,000円となり、実際何日通院したかは考慮されません。

通院6ヶ月の慰謝料の相場は?

上記のように、自賠責保険と任意保険で金額が変わってくるが、通院6ヶ月になった場合はどれくらいの違いが出てくるのか?

自賠責保険だと相場が504,000円。任意保険は642,000円ほどと差が開いてくる。

まずは、弁護士に相談を

自賠責保険や任意保険によって慰謝料も変わってくるが、それぞれの基準などざまざまなので、弁護士に相談ししっかりとした慰謝料

怪我の度合いなどによっても慰謝料は変わってくる

上記のように、1日の相場や3ヶ月、6ヶ月の基準を述べたが、あくまでも基準であって絶対ではない。

怪我の度合いなどによっても様々変わってくるので、交通事故を起こしたらまずは専門家に相談し、寄進と診断してもらう必要がある。

お困りの際はぜひ、当院までご連絡お待ちしております。

 

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com