交通事故での怪我(打撲)はどれくらいで治る?

交通事故が起こった場合、直後がアドレナリンが出ており痛みを感じにくい場合が多い。まずは、痛みなどがなくても病院に行って診断してもらった方が良いです。

また、交通事故の怪我で多い打撲の治療は、どれくらいの期間で治るのでしょうか?

そもそも打撲とは?

体をぶつけたり打たれたりして、骨以外の部分(主に皮下組織)が損傷したものをいいます。

組織が多かれ少なかれ壊れているので、挫傷とも言われています。

症状

損傷を受けた部分が痛くなり、赤くなって腫れてきます。皮下出血することが多く、怪我をした直後はわかりにくいですが、数日たってあざができてきて、分かることがあります。

通院日数の目安は?

そもそも交通事故で怪我や通院した場合、治療を始めてからいつまでも病院に通い続けられるものではありません。

交通事故の治療は保険会社がだいたいの目安を出していますが、打撲の場合は1ヶ月、むち打ちだと3ヶ月。

しかし、あくまでも目安のため痛いにも関わらず、この保険会社が目安としてる期間で治療を辞める必要はありません。

2日に1回程度の通院が一般的と言われてますが、怪我の状態によっては毎日通院した方が良い場合もあります。

ただ、全てがケースバイケースなので一概に何日に一度通院した方が良いというのは言い切れません。

治療が打ち切られる場合がある!?知っておきたい3つの治療打ち切り理由

1、通院頻度の低さ

例えば交通事故で怪我をしたとして、どんなに痛くて痺れなどで仕事に支障をきたしたとしても1週間に2回程しか通院しなかった場合、保険会社はその怪我の目安通院期間を頭に浮かべ、目安の期間で打ち切ろうとする場合もあります。

なので、過度に通院する必要性はないが、通院頻度の低さが打ち切り理由になる以上、通院実績を作ることは絶対的に必要です。

2、慢性治療にはご注意

交通事故で怪我をし、通院・治療する場合の慢性治療とは次のことを言います。

  • ビタミン系の薬をもらい続ける
  • 湿布をもらい続ける
  • 頚椎カラーを長期間つけ続ける(医師が指摘しない場合もある)
  • リハビリはマッサージばかり

上記4点が皆さんがやりがちな慢性治療です。

しっかりと相談しながら、慢性治療になってしまうのを防ぎましょう。

3、感情的に保険会社と接する

相手も人間なので、ごねたり感情的になると自分が損をしてしまいます。

きちんと冷静に損をしないためにも、ちゃんとした治療実績を作ることが大切です。

そして、裏付けとなる書類(通院実績や後遺障害の認定)を積み重ねていくことが大切でしょう。

詳しくは専門家に

とは言っても、いざ交通事故が起こってしまったら気が動転して訳が分からなくなってしまうことが多いことだと思います。そんな時は焦らずまずは専門家に相談してみましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com