交通事故にあってしまい、そのあとの通院による治療にかかる交通費ってもらえるのか?そんな疑問をここでは紹介していきます。

慰謝料と交通費は別?

交通事故にあった場合、過失割合にもよりますが、慰謝料をもらえることはみなさんご存知かと思います。しかし、通院に関する交通費は慰謝料に含まれているのか?もしくは別でもらえるのか?

そんなことを疑問に思っている人が多いかと思います。

実は、交通事故の慰謝料と交通費は別で、慰謝料とは別に交通費も請求することができます。

慰謝料と交通費の違いとは?

そもそも、交通事故が発生した場合、損害賠償の種類は大きく分けて下の2つになります。

  • 財産的損害
  • 精神的損害

交通事故が発生するとお金の面で色々と不利益なことが起こります。これを財産的損害

交通事故によって怪我の痛みに耐えたり、精神的苦痛などの不利益が生じる。これを精神的損害と言います。

精神的損害は本来お金で計算できないものですが、精神的苦痛を慰めるものとして支払われるのが慰謝料です。

一方、交通費は実際にお金の面で不利益が生じているので、財産的損害になります。

このように、慰謝料と交通費は別の損害項目の扱いになります。

交通事故の慰謝料と交通費は計算方法が違う!

交通事故の慰謝料は、実際に金銭的な不利益を負っているわけではないので、損害がいくらかをすぐに出せません。なので、1日4200円という基準に、入通院の期間などをかけた計算式が使われます。

一方、交通費は実際に金銭の支出を余儀なくされ、損害がいくらかを簡単に出すことができます。

ただし、全額支払われるとは限らず、一定の支払い基準が設けられています。

交通費はその都度請求可能

交通費は慰謝料と違い、その都度請求は可能ですが、実務上何回も請求するのは面倒なので一定期間分を請求することが多いです。

そして、自賠責保険の支払い基準には「必要かつ妥当な実費」と定められています。

交通費のそれぞれの計算方法とは?

1、バスや電車

バスや電車なら領収書は必要ありません。計算方法は

最寄りの駅〜通院先の最寄りの駅の往復×通院日数です。

2、自家用車

自家用車の場合はガソリン代となりますが、原則として計算方法は

自宅から通院先までの往復の距離×1kmあたり15円×自家用車による通院日数となります。

自家用車の場合もガソリン代の領収書は必要ありません。

3、徒歩

徒歩の場合は交通事故によって交通費を支出していないので、徒歩の場合は請求することができません

4、タクシー

タクシーの場合は、利用の必要性・相当性を被害者が証明しなくてはいけないので、領収書が必要になってきます。

交通事故の後は当院に

交通事故にあったら、医師の診断を受けた後はぜひ、当院までお問い合わせください。

地下鉄東西線「東札幌」駅近くの当院は交通の便も便利です。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com