いつ起こるかわからない交通事故。そんな交通事故にあって怪我をしてしまった場合、治療の手続きはどうするば良いのでしょうか?

まずは病院で診察

交通事故にあってしまった場合、まずは病院にいき医師の診断書をもらいましょう。大怪我で救急車などで運ばる場合以外には「整形外科」を受診するのが良いでしょう。

怪我が重症の場合は入院治療

交通事故の怪我が重症の場合は、事故後すぐに救急車で運ばれそのまま入院することになります。

このような場合、相手側の保険会社が直接治療費を払ってくれることがほとんどのようです。

入院の必要がなければ、通院治療を

入院の必要がない場合や、怪我が回復して入院が必要なくなった場合は通院治療することになります。

通院はどこにいけば良い?

整形外科や整骨院など体を回復する場所は色々とありますが、交通事故の怪我はどこにいけば良いでしょうか?

その答えは、怪我の種類によって変わってきます。

骨折の場合は「整形外科」へ

交通事故の怪我で骨折をしてしまった場合は、整形外科で治療をしてもらいましょう。

筋肉や関節、神経などの障害は「整骨院」へ

交通事故の怪我で一番多いのがむちうちです。そのような筋肉や関節、神経などの障害の場合は整骨院へ行きましょう。

治療費の支払いは誰がするの?

交通事故の怪我の場合でも、病院との関係では支払い義務は被害者の方にあります。

なので、治療費の支払いの流れとしては被害者が病院に治療費を立て替えて、立て替えた治療費を被害者が加害者側に請求する形になります。

※ただし、加害者側が任意保険会社に加入している場合治療費を相手の保険会社から直接支払う「一括対応」という手続きがあります。

この場合、病院の窓口で治療費を立て替える必要はありません。

病院とのやりとりで注意するポイントとは

1、診断書

1つ目が診断書の記載内容です。先ほどの一括対応の手続きをしている場合、毎月診断書が相手側の保険会社に送られるので、治癒と記載されてしまうとそれ以降の治療費を交通事故の損害賠償として認められなくなってしまう場合も。

2、整骨院へ通院するために

交通事故で多いむちうちなどで整骨院に通院する場合、医師の診断をしてもらい診断書をもらいましょう。

まずは専門家に相談を

交通事故に遭った場合、治療の流れや手続きなど色々とわからないことも多くあると思います。

そんな時は専門家にご相談ください。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com