不意に起こる交通事故。その時に起こった怪我などどのような流れで治療していけば良いのか?

その治療の流れについて紹介していきます。

治療に行く前に

1、警察に交通事故の届け出

加害者はもちろん、被害者も届け出が必要です。特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届け出が必要です。また、仮渡金の請求などで必要なので、早めに自動車安全運転センターに交通事故証明書の交付を依頼しましょう。

2、相手(加害者)の情報を聞く

相手の名前や住所、連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険、自動車の会社名、証明書番号、勤務先。会社の車であれば、雇い主の住所や氏名、連絡先も聞きましょう。業務中であれば雇い主も賠償責任を負うことがあります。

3、現場の目撃者を探す

万が一、相手側とトラブルになった場合、第三者の意見が効果的なので通行人など目撃者がいれば協力してもらいましょう。証言などをメモし、名前や連絡先をきき、必要であれば証人になってもらうようにお願いしましょう。

4、現場の情報を記録

事故のショックもあり、事故当時の記憶はどんどん薄れていきます。できれば、事故直後に現場の見取り図や状況を写真などに残しておきましょう。

5、病院で医師の診断を受ける

交通事故の治療には医師の診断書が必要なので、まずは病院で医師の診断を受けましょう。

治療と健康保険

被害者の方が治療を受けようとすると、加害者側の保険会社から健康保険で通院することを勧められる場合があります。

健康保険を利用すると病院の窓口で自己負担分を立て替えなくてはいけませんが、確かに被害者側には有利になる場合があります。それは、被害者側にも過失がある場合です。

実は、健康保険を使う場合と保険会社が直接病院に治療費を払う場合だと、病院での計算方法が異なります。計算方法は、

  1. 損害額の合計を計算
  2. 過失割合をかける
  3. すでに支払われた治療費などを控除

このようになります。例えば、

・治療費200万円

・慰謝料などが200万円

・被害者側の過失割合が30%

の場合は、

200万円(治療費)+200万円(慰謝料など)×70%−200万円=80万円

同じ治療でも健康保険を使った場合は、

100万円(治療費)+200万円(慰謝料など)×70%−100万円=110万円

となり、一つの例ですが健康保険を使った方が被害者側にメリットがある場合があります。

お困りの時は専門家に相談を

交通事故にあった場合の流れや治療のことなど、わからないことがあれば自分で考えず専門家に相談するのが良いでしょう。まずは知った上で良いと思うものを選択していきましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com