交通事故の怪我をした時に支払われる損害賠償。知っているようで知らない示談のことや保険の事を詳しく説明していきます。いざという時のために事前に知っておく、もしくは調べてもよくわからないという方は是非参考にしてみてください!!

被害者と加害者で示談成立までのスピード感が違う

示談成立を急ぐ加害者

交通事故の加害者は、刑事裁判になった場合の裁判官の心証を良くしたいと言うことから、示談を急ぐ傾向があります。

また、加害者の加入している損害賠償会社も、一般的には治療期間が長い怪我の場合、早い段階で確定しなければ、医療費がどんどんかかってくるので、損害賠償金や慰謝料を抑えたいために示談を早期成立させるように動いたりすることもあります。

示談をゆっくりにしたい被害者

逆に被害者の場合は、事故後すぐにはわからない後遺障害の可能性も考え、慌てて示談するようなことは望みません。一度示談を成立させてしまうと、その後いくら後遺障害が起ころうとも合意内容以上の示談金を受け取るのは難しいためです。

しかし、時間をかけすぎてしまうと、損害賠償期間の時効が迫ってきてしまうので、しっかりと加害者と被害者の双方のタイムスケジュールをしっかろ確認しておく必要があります。

損害賠償の時効とは??

損害賠償請求権は民法でさだめられており、時効があります。損害賠償請求権は被害者が損害及び被害者を知った時を起算日として3年間です。

損害賠償の内容により時効にも変化が

交通事故は大きく分けて人身事故と物損事故に分けられ、被害者の状況によっても変わってきますが、それぞれの時効の時期が決められています。

1、物損事故の場合

車が壊れただけの物損の場合は交通事故発生が時効開始となり、交通事故発生日から3年が時効となります。

2、人身事故の場合

交通事故で被害者が怪我をしてしまった場合で後遺障害認められない時は交通事故発生から時効開始となり、事故発生日から3年となります。

3、死亡事故の場合

交通事故によって被害者が死亡してしまった場合は、被害者が死亡した日から時効開始となり、この場合も死亡した日から3年が時効有効となります。

後遺障害が残った場合は?

交通事故によって後遺障害が認められた場合は症状固定の日から時効が始まり、医師による診断書が作成され、症状固定となった日から3年となります。

まずは専門家に相談を

交通事故を起こし損害賠償のことなどがわからない場合は、まずは専門家に相談し正しい情報の元損にならないようにしっかり進めていきましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com