交通事故で加害者になってしまった場合、このような時でも保険を有効活用すれば、保険会社から治療費などを受け取れます。

どの程度請求できるかわからない方も多いので、ここでは交通事故の加害者が保険会社に請求できる治療費をご紹介します。

交通事故の加害者も治療費が請求できる?!

交通事故の加害者も人身傷害保険という保険を活用すれば、治療費を受け取ることができます。

この人身傷害保険は自動車保険の一つで、相手の方の有無や過失割合に関係なく被保険者の方が車の事故によって怪我や病気を負った場合に受け取れる保険のことを言います。

人身傷害保険で請求できる治療費は?

人身傷害保険は交通事故により実際に発生した損害を補う実損払い保険なので、

治療費はほとんど全額請求できますが、交通事故との因果関係が否定された場合は治療費は支払われません。

因果関係が否定される場合とは?

因果関係が否定される可能性があるのは、既往症があった場合や、交通事故が起こってからだいぶ経って入院や通院を行った場合です。

既往症とは?

交通事故の前に、年齢などが原因ですでに何らかの症状が出ていることを言います。

例えば、もともと腰痛持ちだった人が交通事故にあい、腰を痛めたと言ってもそれはもともと腰痛を持っていて交通事故とは因果関係がないと否定されてしまうことがあります。

既往症があった場合でも、実際に事故により痛みが増してきた場合はしっかりとその旨を伝えていきましょう。

時間が経った後の入院や通院は?

交通事故後、時間が経ってからの入院や通院も、その交通事故との因果関係が否定されやすくなります。

何故ならば、時間が経った後の入院や通院は、その怪我が交通事故によって起きたものなのか、交通事故後の期間に負ったものなのかわからなくなるからです。

なので、交通事故後はすぐに入院や通院をして治療していくのが良いでしょう。

他にも治療費が支払われない場合も

人身傷害保険にはいくつかのケースで保険適用対象外になるものが多くあります。

一般的な対象外のものは以下の通りです。

  • 故意、または重大な過失による事故
  • 無免許運転、飲酒運転、薬物摂取時の運転での事故
  • 自殺や犯罪行為の事故
  • 地震や噴火、またはこれに伴った津波などの事故
  • 競技、曲芸、試験のために使用したために起こった事故

このように、人身傷害保険は被保険者の責任が大きい場合や、自然災害の場合は保険適用外としています。

詳しくは専門家に

交通事故の治療費など、今の自分の状況で何が請求できるのか?などわからないことがたくさんあると思います。その際はまずは専門家に相談してみましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com