ある日突然、交通事故の被害に…。

怪我を負った被害者が適正な損害賠償を受け取るためには、医師に作成してもらう診断書が非常に重要になります。

しかし、診断書の作成はわからないことだらけですよね。

当記事で、交通事故の診断書について、詳しく確認していきましょう。

診断書に記載する内容や作成費用は?

交通事故で怪我を負った場合、怪我の重さによっては入院や通院の必要があります。

入院や通院には「診断書」が必要になります。

※診断書が無いと、その後の治療費請求等に支障をきたす可能性があるので、要注意です。

そもそも「診断書」とは?

診断書とは「医師が患者の病名や症状について診断した結果を記載したもの」であり、「交通事故後の怪我の状態を明確に残しておくためのもの」です。

「病院の医師」じゃないと「診断書」が作成できない

むちうちなどの症状だと、整骨院に通うことになりますが、まずは整形外科などの病院で診察を受けて、医師に診断書を書いてもらいましょう。

診断書の記載内容

診断書に記載される内容は以下の通りです。

  • 症状名(「むちうち」や「打撲」、「骨折」といった怪我の名称)
  • 治療日数(「全治1週間」、「全治2週間」などの治療期間)
  • 作成日時や医師名、病院名など

◎診断書は目的に応じた記載内容とする必要があるので怪我で会社を休業する場合は、その旨も記載してもらうよう、相談してみてください。

また、被害者が加入している保険に傷害保険が付いている場合、ご自身の保険会社からもらった診断書を、病院で記入してもらうことになります。

診断書の作成費用・料金の相場

診断書の作成には、「文書料」という費用がかかります。

相場としては、全国平均で、自賠責保険請求用のもので4800円程度、後遺障害診断書で6000円程度となっているようです。

割と高額ですが、文書料は損害賠償の項目として相手側の保険会社に請求することが可能です。

ただし、立替えが必要なケースもありますので、診断書の作成時は現金を持参した方が無難でしょう。

診断書はどこに提出するの?

診断書の提出先について解説します。

①警察に提出

交通事故には、

  • 物損事故
  • 人身事故

の2種類があります。

交通事故で「むち打ち」などの怪我をした場合には、「人身事故扱い」としなければ、治療に対する損害賠償は受け取れない可能性があるので、気をつけましょう。

②自賠責保険に提出

次に、自賠責保険に提出しましょう。

当然ながら、自賠責保険に対して保険金の請求をするためです。

診断書の提出期限はいつまで?

診断書の提出期限について解説します。

①警察

基本的に、法律で「提出は○日以内」明確な日数は定められていません。

しかし、交通事故が「物損事故扱い」とされた後に「人身事故」に切り替えるためには、数日以内に警察に診断書を提出することが大事です。

診断書の提出を先延ばしにしてしまうと、交通事故との因果関係を疑われて、受け付けてもらえなくなる可能性もあります。なるべく早めに提出しましょう。

②保険会社

保険会社への提出は基本的に期限はありませんが、示談交渉を早く進めるためにも、なるべく早めに提出したほうがいいでしょう。

一人で悩まず、まず専門家へ相談

ご不明な点があれば、整骨院 匠がご相談に乗りますので、お気軽にお電話ください。

相談相手がいれば、現状を整理して、スムーズに手続きを進めていけます。

一人で悩まず、一緒に考えていきましょう!

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com/