交通事故に遭った場合、症状によっておおよその治療期間が存在します。

治療期間中に症状が完全に治れば良いのですが、状況によっては治療が打ち切られてしまうこともあります。

当記事では、交通事故の治療期間と、治療が打ち切られてしまった場合の対処法についてご説明いたします。

交通事故の治療期間について

交通事故の治療期間についてですが、「保険会社が治療の打ち切りを判断するまで」とすることが多いです。

本来は、医師のみが判断すべき事柄であるように思われるかもしれませんが、現実には保険会社が主導権を握っています。

より詳しく見てみます。

(1)治療費の打ち切りをされる場合

治療費の打ち切りとは、「保険会社の独自の判断によって治療費の立替払いを打ち切ること」です。

本来、治療費の支払いは加害者の保険会社が立替えて支払うべき法的な義務は無いですが、治療費は高額なので、保険会社が立替えをします。

保険会社側からすると、治療の期間が長くなってしまう都合が悪いので、勝手な判断で任意の立替払いを打ち切られる場合があります。

(2)治療が終了する場合

治療が終了する場合とは、

  1. 完治
  2. 症状固定

の2つを言います。

「完治」とは、文字通り、症状が完全に回復したことを言います。

「症状固定」とは、受傷した傷などがこれ以上治療したとしても回復の見込みがない状態です。

治療を打ち切られた場合の対処法

続いて、治療を打ち切られた場合の対処法について説明します。

(1)まだ治療中のケース

治療費の立替払いは、保険会社側がモラルとして行っているものです。

もし、医師や整骨院の先生から「治療を継続すべき」と言われたのであれば、治療を継続すべきでしょう。

治療費に関しての対処法は、下記を参考にしてください。

①保険会社と交渉する

まずは「立替払いを継続してほしい」と保険会社に要望する方法があります。

保険会社は、おそらく「完治」または「症状固定」を理由に打ち切りをしてきますが、医師の見解を伝えて、治療の継続が必要だと説明しましょう。

そして、説得の際には、

  • 「○ヶ月継続して治療が必要です」

というように、どの程度の治療期間が必要なのか具体的に示すことをオススメします。

なぜなら、具体的な治療期間が明確だと、保険会社の担当者が上司から決済を取りやすいと思われるからです。

もし可能であれば、医師から直接話してもらうのもアリです。

②自腹で支払った後に請求を行う

保険会社が主張する「完治」または「症状固定」というのは、あくまでも保険会社の見解です。

そのため、示談交渉または訴訟によって、「完治」または「症状固定」と認定された日までの期間の治療費を請求することができます。

ただ、ご自身の費用負担で治療を継続するのは厳しいので、治療には「健康保険」を利用することをオススメします。

※ご自身が費用を負担した分の治療費は、領収書を保管しておいて下さい。

(2)医師の判断が「症状固定」となったケース

この場合、「後遺障害等級認定」の手続きをすると良いです。

そして、医師に「後遺障害診断書」の作成を依頼しましょう。

その上で、賠償請求を相手方の保険会社に行います。

※治療を継続したい場合、それ以降の治療費は後遺症慰謝料に含まれるので、請求することは難しいです

何から始めればいいかわからない場合は・・・

事故に遭われた衝撃で心が不安でいっぱいになると、何から取り掛かればいいのか、わからないかもしれません。

症状が重ければ、人体の構造上、すぐに治療に取り掛かり、毎日通院したほうがいいでしょう。

ご不明な点があれば、ご相談に乗りますので、お気軽にお電話ください。

一人で悩まず、一緒に最善の道を考えていきましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com/