交通事故後の手のしびれを訴える方は多くいらっしゃいます。

ここではその原因と症状ついて説明します。

交通事故後の腕や手のしびれの原因

しびれの原因は事故の衝撃で骨が歪み、神経が圧迫されることや関節などの損傷によりしびれが現れます。

神経症状が原因で、日常生活や仕事に支障をきたしてしまったり、まれにそのまま痛みやしびれが後遺障害として残ってしまう場合があります。

交通事故で腕や手のしびれが起きる疾患

頸椎椎間板ヘルニア

症状はほとんどが手のしびれから始まります。

首や肩、肩甲骨まわりに鈍痛や痛みを伴うこともあります。神経圧迫の程度が強い場合は、段々手の動きが悪くなり、力が入らなくなったり

細かい作業に支障が生じたりします。

むち打ち症

レントゲンにも移りずらいむち打ちですが、首の骨の関節の損傷です。

炎症や痛みで済むケースもあれば、神経にまで影響を及ぼし腕やてのしびれを伴うとこもあります。

胸郭出口症候群

鎖骨周辺で腕や手指にいく末梢神経が、血管とともに圧迫されて手のしびれが生じます。

その他に腕の筋力の低下や首、肩、腕の痛みが現れます。

上腕骨骨折

肩から肘までの腕の骨のことを上腕骨といいます。

この部分の骨折により、神経や血管に損傷が起きると手や指のしびれが起きることがあります。

脊髄損傷

背骨に沿って通っている脊髄は多くの神経が集まっています。

その脊髄が損傷すると、手足のしびれや感覚が鈍くなったりといった症状が起こります。

腕神経叢損傷

事故などで転倒した際、腕が機械に巻き込まれたように引き離されると

脊髄から肩や腕への神経の束が引き伸ばされて損傷し、腕の運動障害やしびれが生じます。

脳挫傷

交通事故で頭部を強く打った場合は、脳に損傷を負ってしまうしまう可能性があります。

脳挫傷の場合は、頭痛やめまい、吐き気などと同時に手や足などのしびれを感じるなど、後から症状が現れることがあります。

不安な方は専門家に相談を

上記のような症状をはっきりと自覚していない場合でも、交通事故後に不安を感じることがあれば

速やかに専門家の診察を受けるとこをお勧めします。

軽傷だと思っていても、後から症状が悪化する場合があります。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com