交通事故に遭ってしまったけど痛みはない、そんなときは病院に行くべきなのでしょうか?

当記事では、痛みがなくても病院に行くべきかどうかを解説します。

交通事故で痛みがなければ病院に行く必要はない?

交通事故で出血を伴った負傷や意識を失うような大ケガを負っている場合は、救急車で病院へ搬送されるでしょう。

しかし、交通事故の直後は痛みをまったく感じない場合もあります。

痛みが無ければ病院へ行くのはためらうものですが、実は身体に大きな損傷を負っている場合もあります。

「仕事や予定が忙しくて病院に行きたくない」と考えるかもしれませんが、交通事故後は必ず病院に行って医師の診断を受けるべきです。

時間が経ってから、痛みが後から出てくるケースも・・・

必ず病院で医師の診断を受けておくべき理由は、負傷者が痛みを感じられない状況かもしれない、ということです。

状況によっては、症状がすぐには現れない負傷である可能性もあります。

事故に遭った人は一種の興奮状態に陥る

交通事故は”突然のアクシデント”なので、人間は興奮状態になります。

実際に、事故直後は自分の足でスタスタと救急車に乗り込んだ人が、救急車で移動中に興奮が醒めたことで痛みを自覚し始めて、病院に着く頃には自力で立つこともできなくなった、という話もよくあります。

打撲や捻挫のような軽症どころか骨折のような重症になっても、事故直後の興奮状態では痛みを感じなかったという人も実在しますので、事故に遭った人が「痛みは無い」と言っても、その場で判断できるものではありません。

火事場の馬鹿力(アドレナリン)は痛覚を麻痺させる!

人間は興奮状態になると体内にはアドレナリンやβエンドルフィンという物質が分泌され、痛みを感じにくくなります。

アドレナリンは生命の危機や不安、怒りを感じることによって分泌されるもので、火事場のバカ力として知られるように、血糖値上昇、心拍数や血圧上昇をもたらし、痛覚を麻痺させる働きもあります。

つまり、交通事故後の興奮状態では、アドレナリンによって負傷の痛みを感じなくなっている可能性があるのです。

時間が経過してから症状が現れる「むち打ち」

交通事故直後には痛みを感じず、時間が経過してから症状が現れる「むち打ち」は有名なケースです。

主な症状は首の痛み、肩こり、吐き気、耳鳴り、めまい等で、自動車の衝突や急停車で首が「むち」のようにしなって起こる負傷です。最初は本人が症状を自覚していないことが多いのも特徴です。

痛みがなくても、まずは整形外科へ

「むち打ち」は、事故後の数日~1週間程度、間を空けて自覚症状が出ることもあります。

もちろん事故直後から、首の痛みを感じることも珍しくはないのですが、症状を悪化させてしまうリスクを避けるためにも、痛みがなくても整形外科に受診することをおすすめします。

ご不明な点があれば、ご相談に乗りますので、お気軽にお電話ください。

自分では自覚していない痛みも、診察を受けることで見つけることができます。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com