年齢に関係なく、日常の何気ない動作で突然発症し激痛を伴うぎっくり腰。

また、座った体勢から立ち上がる時や、曲げ伸ばしに苦痛を感じる膝の痛み。

そんな時、整骨院と整形外科どちらを受診したらいいのでしょう。

ここでは整骨院 匠と整形外科で出来る事の違いについても解説していきます。

何となく整形外科で腰や膝のリハビリを続けているけれど、改善を実感できない。そんな方も参考にしてみて下さい。

整形外科でできること・特徴

医師の診断に基づいて、X線・MRI・CTなどの画像診断や血液検査を行い症状の原因を探ることが出来ます。

椎間板ヘルニアや狭窄症といった骨の異常だけでなく、内臓からくる病気が潜んでいないか心配であれば、まずは万が一に備えて検査してもらうのが良いでしょう。

その後、症状によって投薬・湿布の処方・電気治療や、理学療法士が症状を改善させるための運動指導(リハビリ)を行ったり

重大な損傷があれば手術を行い改善を目指します。

画像検査で重大な異常が見られなく、病気の心配もない、原因がはっきりしない慢性的なものに関しては

投薬や湿布といった対処療法になってしまうので症状があまり改善しないと感じるケースもあります。

整骨院 匠でできること・特徴

整骨院では整形外科で行うような画像検査を行う事は出来ません。

器具を使わずに関節を動かしながら筋肉・骨格系の機能障害の原因を診断していきます(整形外科テスト・徒手検査法といいます)

ぎっくり腰(急性腰痛)や膝の痛みも最近痛めたものであれば保険治療が可能です。

整骨院とひとことで言っても、捻挫・打撲・骨折・脱臼といった保険の対象になる診療のみを行う治療院と

それ以外の慢性的な症状も自費診療として施術を行う治療院があり、整骨院匠では、保険診療・自費診療ともに行っています。

急性の症状で施術を受け回復後、メンテナンスや再発予防のために、自費診療で定期的に施術を受けられる方も多くいらっしゃいます。

整骨院の保険治療ついてはこちらをご参考にして下さい。

整形外科・整骨院それぞれの特徴を理解しご自身の症状の回復を

たとえば、膝痛みで来院される方の多くは変形性膝関節症などの、軟骨がすり減ったり半月板が損傷することによる痛みではないかと心配されているのですが

実のところ筋肉系統が原因の痛みや症状がほとんどです。

当然その場合、ご本人の感じる症状がつらくてもレントゲン等に異常は映りませんので

重大な病気でないことはわかったものの、原因がいまいちわからないまま長い間悩んでいたという声もよく耳にします。

整骨院 匠では整形外科でも経験を積んだ柔道整復師が施術を行っています。

問診や触診をおこなって、「先ずは整形外科を受診し検査をした方が良い」と判断した場合は速やかにその旨をお伝えしていますので

安心してお問合せ、ご来院ください。

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

公式HP:https://sapporo-takumi.com

011-839-4895