交通事故で怪我をしたら、病院で治療を受けます。ただ、通院先に選んだ病院が必ずしも良い病院とは限らないので、ここでは、治療中に病院変更する場合のメリットやデメリットを紹介していきます。

そもそも転院は可能?

交通事故にあって怪我をしたら、病院で怪我の治療を行いますがいつまでたっても症状が改善されなかったり、このまま通院を続けても良いのか?と考えたりもするでしょう。

旅先で交通事故に遭い、そのまま旅先の病院で入院治療をするケースでは、自宅の近くの病院に移りたいこともあります。

このように、交通事故後の転院を考えるケースは多くあります。このようなことを聞くと、一度通い出した病院を転院できるのか不安に思う人もいるかもしれませんが、交通事故後の治療先病院の転院は可能で被害者の自由です。

転院のメリット

それでは、転院する際のメリットとはどのようなことが挙げられるでしょうか?

1、病院に通いやすくなる

遠方の大きな病院にかかった場合、自宅近くのかかりつけ医の病院に転院することにより、通院が非常に楽になるでしょう。

2、よりよい治療を受けれるケースがある

今の通院先の医師の腕があまり良くない場合、より腕の良い医師のところに転院して効果的な治療を行い、早く怪我を治すことができます。また、より良い診断書を書いてもらえるケースもあります。

転院のデメリット

転院は成功するとメリットが大きいですが、その反面リスクも大きくなります。

1、転院先が良い病院とは限らない

転院した先の病院があまり質の良くない病院だった場合、また転院と繰り返すこともできますが、その転院先も必ずしも良い病院とは限りません。また、悪い病院間の転院が繰り返されると不適切な診断内容が積み重なり、不利な記録が増えてしまいます。

2、ストレスが増える

転院に失敗すると非常にストレスが増えます。またストレスが増えることによって怪我の治りが遅くなることもあります。

3、診断書に非協力的な病院がある

病院を転院する場合、診断書の作成に非協力的な病院もあります。病院の医師は交通事故トラブルに巻き込まれる恐れがあると考え、交通事故患者の治療に積極的ではないことも多いです。

良い転院先を探す方法

良い転院先を探すためには、まず事前の準備が大切です。

その病院の医師としてのレベルや、交通事故の後遺障害などの治療もしっかりとしたレベルの治療を行なっている医師を探すことが重要になってきます。

しっかり情報収拾を

病院にかかった場合、まずはしっかりと病院を見極め、転院したい場合は事前にしっかりと転院先の病院を調べ、転院した方が良いのかどうかということをしっかり考えましょう。

<整骨院匠>

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

電話番号:011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com