体の不調を感じる時、スポーツ等で手足を痛めた時etc…皆さんは何処に治療にいきますか?

街では『整骨院』『整体』『鍼灸整骨院』いろいろな看板を見かけますよね。

でも、その違いを知らない方も多いのではないでしょうか。ここではその違いと、それぞれの保険適応についても解説していきます。

『整骨院・接骨院・ほねつぎ』は同じ資格保持者

整骨院・接骨院・ほねつぎは呼び方の違いだけで、意味は同じなのです。

治療は国家資格を持つ柔道整復師が、専門的な知識と手技、電気治療などを用いて施術を行います。

定められた範囲(最近痛めた捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼)で健康保険が使えます。

柔道整復師という名が聞きなれない方も多いと思いますが元々は柔道のケガを整復(回復)することから始まり発展してきたことが起源です。

整骨院で治療を受けた時に署名するのはなぜ?

整骨院は病院と違い、保険で治療できる範囲が限られていることから医療費の支払いの仕方も他の医療機関とは異なります。

整骨院では患者さんが窓口で支払うのは病院と同様に3割負担ですが

各保険組合に請求する残りの7割分を、整骨院が患者さんの代理で請求するという方法が取られています。

(※医師は自ら保険組合に請求できる為この手続きはありません。)

患者さんに会計時にサインして頂いている「療養費支給申請書」は毎月ごとに整骨院から各健康保険組合に提出しているのです。

整体とは?どんな時行けばいい?

身体に対して様々な手技を使っての施術を一般的に「整体」と言っています。

「整体」には数多くの民間の資格があるので、それらを習得していたり、整体院での訓練等を経て施術を行っています。

例えば、脊椎の調整を行う技術を持つカイロプラクティックを「整体」と言っている整体院もあります。

民間のサービスなので保険の適応はありませんが、その整体によって扱う技術は様々なので、

「慢性的な疲れやコリを癒し、リラックスしたい」「全身のバランスを診てもらい症状の根本改善をしていきたい」等

各整体院のHP等でご自身の目的にあった整体院を探されるといいでしょう。

「鍼灸院」とは?「鍼灸整骨院」だと保険はどうなるの?

「鍼灸院」は国家資格をもつ鍼灸師が「はり」や「きゅう」を用いて治療を行います。

保険対象となるのは、【神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症(むち打ち症)】の6つです。

「○○鍼灸整骨院」とは文字通り、国家資格である鍼灸師と柔道整復師の両方の資格を持っている治療院です。

その方の症状で「鍼灸」もしくは「柔道整復」での保険適応になるでしょう。

「鍼灸院」で保険治療を受けるときは

上記の「柔道整復」での保険を使う際とはまた異なり、鍼灸院では直接的な保険の取り扱いが出来ない為

受診する鍼灸院で「同意書」という用紙を貰い、日頃治療を受けている病院に持参し必要事項を記入して貰います。

再度、記入した同意書、保険証と印鑑を鍼灸院に持参する必要があります。

整骨院 匠では

整骨院匠では保険治療可能な急性の捻挫や打撲だけでなく、慢性的な症状や、背骨や骨盤・自律神経などの体全体のバランスを整える自費診療も行っております。

「改善したい症状がある」や「まずは全身見て欲しい」など、お気軽にお問合せくだい。

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com