交通事故の被害に遭ってしまった時、加害者へ請求できる損害賠償はどんなものがあるかご存じですか?

被害者には治療費以外にも賠償してもらえる権利があります。ここでは、知っておきたい基礎知識を一緒に確認してみましょう。

自賠責保険と任意保険の違いは?

損害賠償金は加害者が加入している自賠責保険と任意保険を使い、賄われます。

自賠責保険は法律によって自動車を運転する人が加入することが義務付けられています。

事故被害者の最低限の補償を目的とされていますので保険の保証は低額になります。

物損事故では利用することができないので、車の修理やぶつけて壊したガードレール等の物損に関してや精神的苦痛に関しての慰謝料も補償されません。

任意保険とは民間保険会社が行っている保険で、上記のような自賠責保険で賄いきれない補償部分をカバーできる為、義務ではありませんがほとんどの人が加入していると思います。

基本的に損害賠償ではこの任意保険が適応される場合が多いでしょう。

損害賠償として請求できるものは?

ここからは、人身損害で請求できる主なものを具体的に見ていきましょう。

治療費…病院や整骨院にかかった費用で、治療の終了地点まで(“治癒”か“症状固定”と言って医師が判断します。)請求できます。

通院交通費…通院時の交通費です。ガソリン代や公共交通機関の運賃をの実費相当額が請求できます。

入院雑費…入院した際に買った飲み物などの雑費です。厳密な金額ではなく、一日当たりの定額で計算された金額が支払われます。

付き添い介護料…被害者が一人では通院できない場合(幼児など)付き添い費が認められます。どれくらいの症状であるかや被害者の年齢により、金額は増減されます。

休業補償…怪我で仕事を休んだことで生じた減収を補償するものです。専業主婦でも請求することが出来ます。

逸失利益…事故の後遺症により労働能力が低下し、将来得られたはずの収入の減少を補償するものです。

慰謝料とは

損害賠償の中で精神的苦痛に対して補償が慰謝料の呼ばれるもので、以下の3つで認められます。

入通院慰謝料…怪我をして通院や入院した場合の精神的苦痛を補償するもの

後遺障害慰謝料…後遺症によって被った精神的苦痛を補償するもの

死亡慰謝料…被害者が死亡した場合の精神的苦痛を補償するもので、家族にも独自の慰謝料が発生します。

最終的な損害賠償は《損害額》×《1ー自身の過失割合》で決まります。

自身にも過失割合がある場合はその分が減額されます。

まとめ

何が請求できて、何が請求できないのか、判断ができないこともあるでしょう。

示談が成立するまでは、領収書などはすべて取っておくと安心です。

もしもの時は、適切な補償を受け一日も早く安心できる日常を送りたいものですね。

整骨院匠では、患者さん一人一人にあった施術でサポートさせて頂きます。

お困りの際はお問合せ下さい。

住所:札幌市白石区東札幌2条1丁目3-23 ヴェルデテニスクラブ内

011-839-4895

公式HP:https://sapporo-takumi.com